かな書の学び方| 京都教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

075-231-9693

月~土 9:30~18:30 / 日 9:30~14:00 祝日(振替休日含む)は休業

かな書の学び方 その鑑賞と実践

講師名 書家・花園大学教授 日比野 実
講座内容
とかく読みにくく分かりづらいと言われる「かな書」も、すこしの練習といささかの知識があれば、とたんにその表現の多様さに気付くことと思います。今回の講座では、そういったかな書の入口に立っている方から、すでにこの道に進みながらも、立ち止まって右往左往している方々に、少しでも前進できるようなヒントをお伝えしていきたいと思います。また、日頃漢字書に接しておられる方の素朴な疑問にもお答えできれば幸いです。
日時・期間 土曜 13:00-14:30 03/03~03/03 1回
日程 2018年 3/3
受講料(税込み)
3月~3月(1回)
会員 2,916円
一般 3,456円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口でお手続きされる方は、ご案内(歴史・文学・芸術・科学11)をご確認ください。
講師紹介 日比野 実 (ヒビノ ミノル)
1960年京都市生まれ。書を幼少より祖父日比野五鳳・父光鳳に師事。同志社大学文学部卒業。現在、日展会員・東京都知事賞、水穂会会長、読売書法会常任理事、日本書芸院総務部長。花園大学文学部教授、同志社大学文学部講師。著作に「墨ニュークラシックシリーズ・日比野五鳳」ほか。

履歴