『平家物語』(延慶本)を読む| 京都教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

075-231-9693

月~土 10:00~18:00 / 日 10:00~14:00 祝日(振替休日含む)は休業

『平家物語』(延慶本)を読む

講師名 立命館大学名誉教授 福田 晃
講座内容
『平家物語』は、平家一門の「亡び」を語る文学であるが、同時にそれは、源氏政権の「誕生」を叙する物語でもある。その交錯のなかに、『平家物語』の独自な文学性があると言える。その前者の「亡び」に傾斜して語るのが、「語り本」である。後者の「誕生」に重心をおいて叙するのが、「読み本」である。一般的に『平家物語』としては、琵琶法師の語るテキスト「語り本」が読まれるが、成立としては「読み本」が先行する。本講座においては、あえて「読み本」(延慶本)をとりあげ、「語り本」(覚一本)と対照しながら、読み進めてゆく。今期は「清盛繁昌之事」を読む。

<各回のテーマ>
第1回 巻一、四「清盛繁昌之事」――(1)鱸・武士の精
第2回        同         ――(2)禿・王莽
第3回 巻一、五「清盛ノ子息達官途成事」、六「八人ノ娘達の事」
第4回 巻一、七「義王義女之事」――(1)白拍子由来、義王の幸い、(2)仏の推参、(3)義王追放
第5回        同         ――(4)義王の今様、(5)出家往生
日時・期間 木曜 13:00-15:00 11/08~03/14 5回
日程 2018年 11/8
受講料(税込み)
11月~3月(5回)
会員 12,960円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口でお手続きされる方はご案内(歴史・文学・芸術・科学★32)をご確認ください。
ご案内 テキストとして、『平家物語(一)』 (梶原正昭・山下宏明 校注 岩波文庫:1,091円)を使用します。各自書店でお求めの上、当日ご持参くださいませ。
★各回の資料は随時実費をいただきます。
講師紹介 福田 晃 (フクダ アキラ)
1932年生。國學院大學大学院修了。文学博士。著書「軍記物語と民間伝承」「中世語り物文芸―その系譜と展開―」「放鷹文化と社寺縁起―白鳥・鷹・鍛治」「京の伝承を歩く」など。

履歴