折口信夫の世界――小説『身毒丸』を読む| 京都教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

075-231-9693

月~土 9:30~18:30 / 日 9:30~14:00 祝日(振替休日含む)は休業

折口信夫の世界――小説『身毒丸』を読む

講師名 古代民俗研究所代表 大森 亮尚
講座内容
講師写真
折口信夫の『身毒丸』は「伝説の研究の表現形式として小説にしてみた」と折口本人が附言で述べている、不思議な小説である。この小説を読み解きながら、背景にある説教節『しんとく丸』や謡曲『弱法師』などの高安長者伝説まで掘り下げて、折口信夫が語ろうとした古代世界の水脈を探ってみましょう。
日時・期間 土曜 10:30-12:00 10/21~10/21 1回
日程 2017年 10/21
受講料(税込み)
10月~10月(1回)
会員 3,024円
一般 3,564円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口でお手続きの方には、ちらし(歴史・文学・芸術・科学12)をお渡しします。
講師紹介 大森 亮尚 (オオモリ アキヒサ)
1947年生。上智大学大学院博士課程修了。民俗学・上代文学・芸能史などを通じて日本人の霊魂信仰研究を専攻。武庫川女子大学、兵庫大学教授を経て現職。著書に『悲のフォークロア』『本朝三十六河川』『万葉恋歌』『万葉飛鳥ルネサンス』『日本の怨霊』ほか多数。

履歴