紅葉の法然院で聴く 法然と親鸞の出会い| 京都教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

075-231-9693

月~土 10:00~18:00 / 日 10:00~14:00 祝日(振替休日含む)は休業

紅葉の法然院で聴く 法然と親鸞の出会い

講師名 法然院貫主 梶田 真章
講座内容
1175年、法然によって開かれた『一向に念佛を唱え生きよ』という専修念佛(せんじゅねんぶつ)の教えは数多くの弟子の内の1人である親鸞にはどのように伝えられたのか。法然の弟子として親鸞は法然の浄土宗をどのように広めたのかについてお話しします。
日時・期間 水曜 10:30-13:00 11/28~11/28 1回
日程 2018年 11/28
受講料(税込み)
11月~11月(1回)
会員 4,752円
一般 5,076円
教材費
設備維持費
注意事項 現地講座です。必ず事前にお申込みください。
窓口でお手続きされる方は、「現地3」のちらしをご覧ください。
受講料には料理代を含みます。
お申込みの前に 12時まで講義の後、講師を囲んで精進料理のお弁当をいただきます。
講師紹介 梶田 真章 (カジタ シンショウ)
1956年生。法然院貫主。大阪外国語大学ドイツ語科卒業。境内の環境を生かして「法然院森の教室」をはじめ、法然院森のセンターが拠点の環境学習グループ「フィールドソサエティー」顧問。きょうとNPOセンター副理事長。NPO法人和の学校理事。共著に『京都法然院歳時記』(京都書院)『法然院』(淡交社)他。

履歴