『平家物語(延慶本)』の魅力――北条政子の恋| 京都教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

075-231-9693

月~土 10:00~18:00 / 日 10:00~14:00 祝日(振替休日含む)は休業

テーマで読む 『平家物語(延慶本)』の魅力――北条政子の恋

講師名 立命館大学名誉教授 福田 晃
講座内容
平治二年(1160)、源頼朝は、都を追われて、しばらく東国・伊豆に流人として暮らしていました。当初、東伊豆の豪族・伊藤祐親に近づきましたが、平家の威勢を恐れた祐親は、その館から頼朝を追い出します。やむなく頼朝は、西伊豆の小豪族・北条時政を頼ります。
時政の長女・政子は、その頼朝に心惹かれ、深く契りを込めました。しかし政子には、伊豆の目代・山木判官兼隆との結婚の約束がありました。政子は、その山木に嫁ぐ夜、あらかじめ頼朝だけに知らせて、ひそかに侍女ひとりを連れて、北条から山道を辿り、伊豆山に逃れます。
この政子の恋の逃避行は、頼朝との深い信頼の基となったのです。頼朝挙兵の苦難においては勿論、この政子の恋の情熱は、その後の頼朝政権の支えとなります。それのみならず、その頼朝への愛の遺産は、北条政権にも及んだのです。
日時・期間 木曜 13:00-15:00 10/11~10/11 1回
日程 2018年 10/11
受講料(税込み)
10月~10月(1回)
会員 2,916円
一般 3,456円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口でお手続きされる方はご案内(歴史・文学・芸術・科学5)をご確認ください。
講師紹介 福田 晃 (フクダ アキラ)
1932年生。國學院大學大学院修了。文学博士。著書「軍記物語と民間伝承」「中世語り物文芸―その系譜と展開―」「放鷹文化と社寺縁起―白鳥・鷹・鍛治」「京の伝承を歩く」など。

履歴