世界とのつながりで読み解く「日本近代史」| 京都教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

075-231-9693

月~土 9:30~18:30 / 日 9:30~14:00 祝日(振替休日含む)は休業

【新設】世界とのつながりで読み解く「日本近代史」

講師名 佛教大学歴史学部教授 原田 敬一
講座内容
講師写真
国民の歴史として語られ教えられてきたのが日本史でした。2022年度からは「歴史総合」という新科目が高校教育に採用され、「世界とその中における日本を広く相互的な視野から捉える」ことが期待されています。単純な内向きの日本史ではなく、また暗記科目としての歴史科目ではなく、「多面的・多角的な考察」や「解決に向けて構想する力」も目指されています。子どもたちの学びが変化する前に、新しい学びとしての日本近代史を考えてみませんか。各回のテーマは従来とあまり変わりませんが、中身は新鮮なものになるはずです。(この講座は、約1年をかけて日本近代史を考えていきます。10月以降のテーマは、社会運動、大衆文化、政党政治、中国との戦争、第二次世界大戦、休戦と占領を予定しています。)

<各回のテーマ>
第1回 幕末・維新
第2回 自由民権運動
第3回 日清・日露戦争
第4回 植民地/外地
第5回 大正デモクラシー
第6回 第一次世界大戦
日時・期間 金曜 13:00-14:30 04/20~09/21 6回
日程 2018年 4/20
受講料(税込み)
4月~9月(6回)
会員 18,144円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口でお手続きされる方はご案内(歴史・文学・芸術・科学5)をご確認ください。
講師紹介 原田 敬一 (ハラダ ケイイチ)
大阪大学文学研究科博士課程修了(国史学専攻)。博士(文学)。日本近代史専攻。『週刊朝日百科 日本の歴史』編集委員、『地域のなかの軍隊』企画編集委員。著書に『日本近代都市史研究』『国民軍の神話――兵士になるということ』『日清・日露戦争』『「坂の上の雲」と日本近現代史』『兵士はどこへ行った 軍用墓地と国民国家』『「戦争」の終わらせ方』など多数。

履歴