石からみた文化財の魅力に迫る~城南宮と安楽寿院拝観(朝日新聞社共催)| 京都教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

075-231-9693

月~土 9:30~18:30 / 日 9:30~14:00 祝日(振替休日含む)は休業

京都非公開文化財特別公開関連講座(京都古文化保存協会協力)~「匠の技」見学と「秘宝・秘仏」拝観 石からみた文化財の魅力に迫る~城南宮と安楽寿院拝観(朝日新聞社共催)

講師名 ㈱芳村石材店 代表取締役社長 山田 俊行
講座内容
城南宮・社殿 / 安楽寿院・阿弥陀如来坐像(重文)
文化財と聞いて、石に注目することはあまりないのではないでしょうか。しかし石畳や神社の鳥居など、石は日本の文化財になくてはならないもの。知れば知るほど奥深い世界を、享保年間創業から京の石文化を守り継ぐ、吉村石材店の山田さんに教えてもらいます。午前中は特別公開となっている京都市伏見区の城南宮で、石と文化財のかかわりについて山田さんから解説を聴きます。石工さん(京石工)の仕事や、石仏や石鳥居はじめ石にも重要文化財があることなどを学びます。初公開の皇都春景図をはじめお軸や屏風も拝観します。午後からは同じく特別公開となっている真言宗智山派の安楽寿院(あんらくじゅいん)を訪れます。安楽寿院には平安末期の作といわれる石仏があり、特別公開では胸に卍の印が刻まれた美仏、阿弥陀如来坐像(重文)や普賢菩薩画像、阿弥陀二十五菩薩来迎図(重文)も拝観できます。
日時・期間 月曜 10:00-16:30 05/02~05/02 1回
日程 2016年 5/2
受講料(税込み)
5月~5月(1回)
会員 10,800円
一般 11,340円
教材費
設備維持費
注意事項 集合場所など詳細は、お申し込み後にお渡しする案内チラシ「公開前半30」をご覧ください。
受講料に拝観料と昼食代を含みます。
ご案内 筆記用具をご持参ください。
講師紹介 山田 俊行 (ヤマダ トシユキ)
1956年生。大学卒業後デザイン専門校を出て、コピーライティングと販促企画の仕事に着く。1996年㈱芳村石材店に就職。主に社寺の石鳥居、玉垣等の石工事や、石仏、狛犬等の彫刻品、永代供養墓やオリジナル墓石の企画設計に関わる。2010年社長就任。現在に至る。

履歴