妙心寺・霊雲院で聴く禅の教え 生きるとは| 京都教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

075-231-9693

月~土 9:30~18:30 / 日 9:30~14:00 祝日(振替休日含む)は休業

妙心寺・霊雲院で聴く禅の教え 生きるとは

講師名 妙心寺山内霊雲院住職 則竹 秀南
講座内容
一般公開していない臨済宗大本山妙心寺の塔頭「霊雲院」。心落ち着く静かな庭を本堂より眺めながら、禅の教えとその心を聴き、心豊かな時間を過ごしましょう。今回は、命の尊さや大切さを理解し、生きるとはどういうことか、禅的見地からその意味をじっくりと考えてみましょう。お話のあとは、同院にて「阿じろ」の精進料理を召し上がっていただきます。
日時・期間 火曜 10:30-12:30 05/30~05/30 1回
日程 2017年 5/30
受講料(税込み)
5月~5月(1回)
会員 5,400円
一般 5,940円
教材費
設備維持費
注意事項 現地講座です。必ず事前にお申込みください。
ご案内(公開前半26)をお渡しします。
受講料には料理代を含みます。
講座、お食事ともに椅子席が約30席、残りの方は床に座ってのご受講となります。
講師紹介 則竹 秀南 (ノリタケ シユウナン)
1937年台南市生まれ。1960年花園大学卒業後、神戸祥福寺僧堂へ掛塔し、山田無文老師の下で15年の長きにわたり修行、無文老師の印可を受け、その法を嗣ぐ。1985年京都妙心寺霊雲院住職となる。霊雲院国際禅交流友好協会(IZEFA)会長も務め、その活動を通じ、2008年タイ・マハチェラロンコン大学より、タイの仏教との親善交流が認められ、会を代表して、タイ・サンガの最高位ソムデット・プラの敬称で呼ばれるブッダカルヤ猊下から名誉博士号の学位号が手渡された。また、同年中国佛教協会から「中日佛教友好使者」、中国仏学院から名誉教授の称号を授与される。著書に「禅―迷わずまっすぐ」「CDブック 幸せのうた」(いずれも春秋社)

履歴