生誕400年記念 聖母マリアの画家ムリーリョの魅力| 京都教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

075-231-9693

月~土 9:30~18:30 / 日 9:30~14:00 祝日(振替休日含む)は休業

生誕400年記念 聖母マリアの画家ムリーリョの魅力

講師名 立命館大学非常勤講師 門屋 秀一
講座内容
スペインのセビリア派の画家ムリーリョ(1617-82年)は、セビリアに生まれ、同地に没しました。ナポレオンの侵略を退けたスペイン独立戦争(1808-14年)では、フランスの将軍達は特に彼の作品を略奪しようとしたほどでした。ところが、19世紀のロマン主義時代に頂点に達した彼の人気も、20世紀には低下してしまいますが、1980年代以降再評価されるようになりました。ムリーリョの魅力はとりわけ聖母マリアによく表れていますが、それは17世紀後半のスペイン、それも彼の生誕地セビリアの民衆の間で頂点に達したマリア信仰を背景にしていました。生誕400年に合わせて、彼の作品の魅力を解説します。
日時・期間 土曜 13:00-14:30 06/03~06/03 1回
日程 2017年 6/3
受講料(税込み)
6月~6月(1回)
会員 2,970円
一般 3,510円
教材費
設備維持費
注意事項 ちらし(公開前半7)をお渡しします。
講師紹介 門屋 秀一 (カドヤ シュウイチ)
1967年生まれ。京都大学文学部卒業。京都大学博士(人間・環境学)。京都大学総合人間学部で日本学術振興会特別研究員PDとして研究に従事、ドイツ連邦共和国ベルリン・フンボルト大学に研究渡航。美学研究所設立。著者に「絵画で綴る哲学と倫理学-西洋思想のイコノロジー」(晃洋書房)ほか

履歴