絵画資料から読み解く祇園祭| 京都教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

075-231-9693

月~土 10:00~18:00 / 日 10:00~14:00 祝日(振替休日含む)は休業

絵画資料から読み解く祇園祭 山鉾巡行・祇園ねりもの

講師名 頴川美術館 学芸員 八反 裕太郎
講座内容
明治42年 絵葉書 長刀鉾
「祇園祭といえば山鉾巡行」と思われがちですが、実はそれだけではありません。例えば、神輿を鴨川の水で清める「神輿洗」や、その際に祇園の芸妓たちが仮装して花街を練り歩く「祇園ねりもの」がかつては行われていました。本講座では、山鉾巡行と祇園ねりものの歴史について絵画資料を中心に紐解いていこうと思います。
会場:朝日カルチャーセンター京都教室
【思文閣文化サロン】『思文閣出版×朝日カルチャーセンター・京都』
京都・東山の地で美術品の販売から出版まで幅広い事業を手がける「思文閣」グループ。なかでも歴史・美術工芸などの分野で定評ある書籍を世に送り出している思文閣出版とともに、選りすぐりの著者による講座です。
日時・期間 土曜 13:00-14:30 07/14~07/14 1回
日程 2018年 7/14
受講料(税込み)
7月~7月(1回)
会員 2,484円
一般 2,700円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口でお手続きされる方は、「思文閣文化サロン★1」のちらしをご覧ください。
講師紹介 八反 裕太郎 (ハッタン ユウタロウ)
祇園祭の変遷を絵画史料から辿る研究をしています。


履歴