発掘!京・天下人の城 に迫る| 京都教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

075-231-9693

月~土 9:30~18:30 / 日 9:30~14:00 祝日(振替休日含む)は休業

発掘!京・天下人の城 に迫る

講師名 京都市文化財保護課 埋蔵文化財係長 馬瀬 智光
講座内容
旧二条城発掘調査風景
天下人というと、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の3人を思い浮かべることが多いと思います。しかし、戦国時代から安土桃山時代の「天下」とは、「天皇の住まいする京とその周辺」であったと捉えられており、織田信長以前の天下人たちの居館や居城も見ていく必要があります。この講座では、2017年3月に刊行した『京都市文化財ブックス 第31集 天下人の城』のデータをもとに、室町将軍家や天下人の先駆者としての三好長慶、またわずかな期間ではありますが、天下人となった明智光秀などとの比較を通じて、天下人の在り方や、権力の集中性、城館の象徴性がどのように変化していくのかを2回に分けて見ていきたいと思います。
日時・期間 日曜 10:30-12:00 10/01~11/05 2回
日程 2017年 10/1
受講料(税込み)
10月~11月(2回)
会員 5,184円
一般 6,264円
教材費
設備維持費
注意事項
ご案内 窓口にてお申込みの方へは、ご案内(歴史・文学・芸術・科学2)をお渡しします
講師紹介 馬瀬 智光 (ウマセ トモミツ)
京都市の文化財保護行政に1994年以降携わる。市内の埋蔵文化財の発掘・試掘調査の調査、指導、監理並びに遺跡地図の作成等を行ってきた。また、市内にある岩倉具視幽棲旧宅や無鄰菴等の修理に携わった他、市内史跡や建造物の修理等を指導してきた。

履歴