海洋国家日本と中国~日本国王、倭寇から長崎貿易まで| 京都教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

075-231-9693

月~土 10:00~18:00 / 日 10:00~14:00 祝日(振替休日含む)は休業

海洋国家日本と中国~日本国王、倭寇から長崎貿易まで 人文学への誘い~京都大学人文科学研究所協力講座

講師名 京都大学人文科学研究所教授 岩井 茂樹
講座内容
【講座内容】
14世紀後半、中国で明が建国されると,諸外国に朝貢を要求し、海禁を厳しくしました。このことに、日本は大きな関わりを持っていました。16世紀になると、海禁が弛み,日本で銀の産出が増大したことにより、中国の民間商人による密貿易が増大し、これを明の当局が弾圧したことによって「倭寇」が発生しました。この講座では、「倭寇」の問題を解決するために、どのような議論が起こり、実行されたか。そして、最終的に日中間の貿易関係がどのように安定したのか、お話しします。

【京都大学人文科学研究所】
京都大学人文科学研究所は、戦前に設立された東方文化研究所、西洋文化研究所と、旧京都大学人文科学研究所が合併し、1949年に京都大学の附置研究所として設置されました。アジア、ヨーロッパ、日本の文化に関する長い研究伝統を活かし、世界文化に関する総合的研究を行うことを使命とする、国内最大級の人文科学系研究機関です。
日時・期間 土曜 13:00-14:30 01/26~01/26 1回
日程 2019年 1/26
受講料(税込み)
1月~1月(1回)
会員 2,916円
一般 3,456円
教材費
設備維持費
注意事項 ・教材として資料をお配りする場合は、随時実費をいただきます。
・窓口でお手続きされる方は、「人文学1」のちらしをご覧ください。
ご案内 筆記用具
講師紹介 岩井 茂樹 (イワイ シゲキ)
京都大学文学部史学科卒業。中国南開大学,北京大学に留学後、京都産業大学経済学部講師などをへて現職。

履歴