能のなかの源氏物語~「嵐山 熊彦」で京会席を楽しみながら| 京都教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

075-231-9693

月~土 10:00~18:00 / 日 10:00~14:00 祝日(振替休日含む)は休業

能楽らくらく入門 能のなかの源氏物語~「嵐山 熊彦」で京会席を楽しみながら

講師名 能楽師・観世流シテ方 井上 裕久
講座内容
能には「源氏物語」に登場する六条御息所を題材とした曲がいくつかあります。御息所が生き霊となって現れる嫉妬の執念を描いた「葵上(あおいのうえ)」。傷心の御息所の苦しみや屈折した心情を内面的に描いた「野宮(ののみや)」。今回は、鬘物のなかでも大曲とされる「野宮」を中心に、実際に舞台で使われる面や装束をご覧いただきながらご紹介します。会場は、「野宮」の舞台となった野宮神社のほど近く、渡月橋畔の料亭「嵐山 熊彦」。情緒あふれる景観を眺めながら、伝統の京料理も楽しみます。
日時・期間 金曜 11:30-14:30 03/16~03/16 1回
日程 2018年 3/16
受講料(税込み)
3月~3月(1回)
会員 17,604円
一般 18,144円
教材費
設備維持費
注意事項 「嵐山 熊彦」 (京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町5-1)で行います。
ご案内 ちらし(現地6)をお渡しします。
※受講料には料理代を含んでいます。
カリキュラム 11:30~12:30 講義
12:30~14:30 食事
講師紹介 井上 裕久 (イノウエ ヒロヒサ)
25世・故・観世左近・26世宗家・観世清和及び9世井上嘉介に師事。「翁」「道成寺」「卒都婆小町」などを開曲。国指定重要無形文化財「能楽」技能認定者。公益社団能楽協会理事、(社団)日本能楽会会員、(社団)能楽協会京都支部常議員、(社団)京都観世会理事、国立能楽堂三役養成事業講師。井上裕久能の会、松花の会を毎年開演。

履歴