重力波から見た宇宙論| 京都教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

075-231-9693

月~土 10:00~18:00 / 日 10:00~14:00 祝日(振替休日含む)は休業

数式なしでわかるやさしいサイエンス 重力波から見た宇宙論

講師名 相愛大学名誉教授 橋元 淳一郎
講座内容
2017年度のノーベル物理学賞は、「重力波の観測」に与えられましたが、重力波とはそもそも一体何なのか、重力波の観測はなぜ難しかったのか、そして重力波は宇宙論にどんな意味を持つのか等々、重力波と宇宙に関するさまざまな謎を最新のトピックスをまじえながら、数式なしに出来るだけやさしく解説します。
日時・期間 土曜 15:00-16:45 02/17~02/17 1回
日程 2018年 2/17
受講料(税込み)
2月~2月(1回)
会員 3,024円
一般 3,564円
教材費
設備維持費
注意事項 教材として資料をお配りする場合は、随時実費をいただきます。
ご案内 窓口でお申し込みの方には、ご案内ちらし「歴史・文学・芸術・科学18」をお渡しします。
講師紹介 橋元 淳一郎 (ハシモト ジュンイチロウ)
1947年大阪生まれ。京都大学理学部物理学科修士課程修了。相愛大学教授を経て現職。SF作家、日本文藝家協会、日本SF作家クラブ会員。物理のハッシー君として受験生に絶大な人気を誇る。著書『時間はどこで生まれるのか』『カリスマ先生の物理』など多数。

履歴