通常非公開、京都ハリストス正教会の壮麗なイコン見学| 京都教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

075-231-9693

月~土 10:00~18:00 / 日 10:00~14:00 祝日(振替休日含む)は休業

通常非公開、京都ハリストス正教会の壮麗なイコン見学

講師名 立命館大学非常勤講師 門屋 秀一
講座内容
京都市内にありながら、なかなか訪れる機会のない京都ハリストス正教会。その聖像(イコン)美術を見学させていただきます。関西には、ヨーロッパの著名な大聖堂、教会に劣らず素晴らしい建築、宗教画を蔵する教会がいくつもあります。京都市中京区にある京都ハリストス正教会の京都生神女(しょうしんじょ)福音聖堂もその1つです。「生神女」とは日本正教会独特の表現で「聖母マリア」の意味で、ギリシア語の「テオトコス(神の母)」の訳語です。京都市指定文化財の木造の聖堂は、松室重光設計で1901年に完成しました。衝立状の聖障(イコノスタス)にはめこまれたイコン30枚は、近代西欧絵画風に描かれています。これは1917年のロシア革命以前の帝政ロシアで製作され、1903年にロシア正教会から寄付された名品です。明治時代、ロシアに留学してイコンを学んだ山下りんの<受胎告知>も拝見します。
日時・期間 金曜 13:30-15:00 11/02~11/02 1回
日程 2018年 11/2
受講料(税込み)
11月~11月(1回)
会員 3,564円
一般 4,104円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口でお手続きされる方は、「現地16」のちらしをご覧ください。
受講料にはカラー資料代と教会見学料を含んでいます。
※聖堂は信仰の場ですので、極端に肌を露出した服装はご遠慮いただき、脱帽にもご協力ください。
講師紹介 門屋 秀一 (カドヤ シュウイチ)
京都大学文学部卒業。京都大学博士(人間・環境学)。京都大学総合人間学部で日本学術振興会特別研究員PDとして研究に従事、ドイツ連邦共和国ベルリン・フンボルト大学に研究渡航。美学研究所設立。著書に『美術で綴るキリスト教と仏教』など。

履歴