特集・日本の文学に触れる | 京都教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

075-231-9693

月~土 9:30~18:30 / 日 9:30~14:00 祝日(振替休日含む)は休業

特集・日本の文学に触れる

書籍イメージ 古典から近・現代文学まで~日本文学に触れ、親しむ講座をご紹介します。


大森先生   
万葉集

第3木曜
13:00~14:30

古代民俗研究所代表・大森 亮尚

現代に生きる私たちの心のゆがみ、失ってしまったものがきっと確かめられるはずです。巻一の巻頭歌からよみ進めます。
      
福島先生   

源氏物語

第2・4水曜
(3カ月6回)
15:15~17:15

京都橘大学教授・福嶋 昭治

原文をゆっくり味わいます。「蜻蛉」の巻を読み進めます。物語は宇治十帖に入っています。講座は一回ずつ完結するよう配慮しています。途中参加も支障ありません。

福田先生
平家物語を読む

第2・4木曜
13:00~15:00

立命館大学名誉教授・福田 晃

史実を越えて英雄のいたましい悲劇が語られる点に、文学としての魅力がありま今回は、巻十二<六代>から読み進めます。

天野先生
『申楽談儀』を読む

第1金曜ほか 13:00~14:30

京都造形芸術大学舞台芸術研究センター所長・天野 文雄

世阿弥の晩年、『申楽談義』が著された当時の能と、能をとりまく状況を探り、現代との比較を通して、能の魅力と歩みを考えます。
古澤先生

一葉・龍之介・犀星

第3土曜ほか
13:00~14:30

同志社女子大学非常勤講師・古澤 夕起子

樋口一葉の「十三夜」、芥川龍之介の「羅生門」、室生犀星の詩「小景異情」などを味わいます。