関西変わった仏像と隠れ家ランチ| くずは教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

072-850-1500

月~土曜 9:30~18:30 日曜祝日(振替休日を含む)は休業

関西変わった仏像と隠れ家ランチ 観智院の五大虚空蔵菩薩とクチーナ ナトュラーレ エッフェのイタリアン

講師名 大阪国際大学国際観光学科非常勤講師、サクセスインサイド・コミュニケーション主宰 西田 淑子
講座内容
観智院客殿 / 写真はイメージです
東寺の塔頭である観智院は、研究室のような役割の勧学院であった。客殿は、江戸幕府開府の2年後の1605年(慶長10年)に再建された国宝である。
この客殿の東側に隣接して本堂があり、本尊として、五大虚空蔵菩薩が祀られる。平安時代初期の847年(承和14年)、山科、安祥寺の僧、恵運が、847年に唐から、願って貰い受け、持ち帰ったものである。唐の都長安にあった青龍寺金堂の本尊と言われる。菩薩が座る蓮台は、さらに、各々、獅子、象、馬、孔雀、迦楼羅(かるら)の上に鎮座する。
また、客殿の床の間には、二刀流 宮本武蔵による「鷲の図」があり、二羽の鷲がにらみ合うように描かれている。
さらに、観智院の門前の櫛笥小路(くしげこうじ)は、平安時代のままの道幅で残る京都市内でただ一つの場所である。
食事は古い町家をそのままレストランとした「クチーナ ナトュラーレ エッフェ」でイタリア料理を楽しむ。友人のフレンチのシェフが、店を移転するため、譲り受け、2018年2月に、イタリアンレストランとして開業した。
心と身体の健康にこだわり、米粉のパン、デザートは小麦粉を使わず、パスタも、人工的な品種改良がほとんど行われていない古代小麦で、食物繊維が多く、低GI炭水化物のスペルト小麦で作られている。オーガニックな野菜がたっぷりと使われている。
日時・期間 木曜 11:00-14:00 02/14~02/14 1回
日程 2019年 2/14
受講料(税込み)
2月~2月(1回)
会員 10,368円
一般 10,800円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口でお手続きされる方はちらし「食文化.グルメ講座4」と集合案内をご確認ください。
2月7日以降はキャンセルできません。
ご案内 筆記用具
講師紹介 西田 淑子 (ニシダ トシコ)
シェラトン都ホテル大阪退社後、文化サロン講師、旅行専門雑誌ライター、旅行関連専門学校講師。現在は大学観光関連学部で非常勤講師、紀行文執筆。文化サロン講師時代より巡った寺社と料理店は120か所以上。

履歴