死者の鎮魂| くずは教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

072-850-1500

月~土曜 9:30~18:30 日曜祝日(振替休日を含む)は休業

【新設】死者の鎮魂 阪神で東日本大震災を考える

講師名 国際日本文化研究センター教授 磯前 順一
講座内容
1995年1月17日、阪神・淡路大震災。2011年3月11日、東日本大震災。さらに2014年熊本大震災。2018年西日本豪雨災害。相続く災害で、多くの人が命を失い、家を失い、さらには故郷を失いました。そこで私たちは家族や故郷の大切さ、何気ない日常生活の大切さをあらためて思い知りました。今こそ、経済的な豊かさを第一とする暮らし方を改める時期になったのだと思います。今回は、阪神・淡路大震災が起きた1月中旬にみんなで集まり、災害で亡くなった死者を悼む歌を聴きつつ、死者を、故郷に思いを馳せることの大切さを、あの日からの東北の人びと暮らしを紹介しつつ、みんなで痛みを分かち合いたいと思います。
日時・期間 土曜 13:00-14:30 01/19~01/19 1回
日程 2019年 1/19
受講料(税込み)
1月~1月(1回)
会員 3,024円
一般 3,240円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口でお手続きされる方は、「公開講座3」番のちらしをご覧ください。
ご案内 筆記用具
講師紹介 磯前 順一 (イソマエ ジュンイチ)
宗教学・歴史研究専攻。東京大学助手、日本女子大学助教授などを経て、現職。チュービンゲン大学、ハーバード大学、ボッフム大学、チューリヒ大学などの客員研究員も歴任。

履歴