関西変わった仏像と隠れ家ランチ| くずは教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

072-850-1500

月~土曜 9:30~18:30 日曜祝日(振替休日を含む)は休業

関西変わった仏像と隠れ家ランチ ~蓮光寺の負別阿弥陀如来と鶴清の会席料理

講師名 大阪国際大学国際観光学科非常勤講師、サクセスインサイド・コミュニケーション主宰 西田 淑子
講座内容
写真はイメージです
負別山(ふべつざん)蓮光寺(れんこうじ)のご本尊 負別(おいわけ)阿弥陀如来、製作者快慶と注文主の前で二体に分かれたという伝説がある、双子の如来像のうちの一体。文化庁の調査によって、国宝級であることは証明されているが、「仏像は鑑賞の対象ではなく、信仰の対象である」というご住職の理念により指定を断っている。もう一体は仙台市に現存し、同じ内容の縁起がある。また、境内にある駒止地蔵は高さ八尺(2.42424メートル)の石像の地蔵菩薩像で、弘法大師の御作。六条河原の刑場に祀られ鴨川の氾濫で埋もれていたが、保元3年(1158年)平清盛の乗馬が急に動けなくなつたので、あたりを掘ってみると、地蔵尊が出てきたということから、駒止地蔵尊の名がある。
「京料理 料理旅館 鶴清(つるせ)」は、昭和8年に創業し、その後、戦前頃に再建した。その外観は、スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画に出てくるような建物で、当時の当主は、再建にあたり、モデルとなる建物を見せるために、宮大工を連れて下呂温泉まで行ったそうだ。鶴清の建物の意匠の凝りようは、外観だけでなく内部の細部の至る所にまで行き渡っている。
京都の夏の風物詩、川床は、鶴清が最南となる。9月は、夏の納涼床の期間が過ぎ、昼席の名残の床で、食事を頂き、昭和建築の贅を尽くした館内も見学できる。
日時・期間 木曜 11:00-14:00 09/13~09/13 1回
日程 2018年 9/13
受講料(税込み)
9月~9月(1回)
会員 10,800円
一般 11,340円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口でお手続きされる方はちらし「食文化.グルメ講座4」と集合案内をご確認ください。
お申込みの前に 10:45  駅改札前集合
ご案内 筆記用具
講師紹介 西田 淑子 (ニシダ トシコ)
シェラトン都ホテル大阪退社後、文化サロン講師、旅行専門雑誌ライター、旅行関連専門学校講師。現在は大学観光関連学部で非常勤講師、紀行文執筆。文化サロン講師時代より巡った寺社と料理店は120か所以上。

履歴