デジカメなっとく講座・初級| 北九州教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

093-521-8381

月~土 10:30~18:30 原則祝日を除く

【新設】デジカメなっとく講座・初級

講師名 日本写真家協会(JPS)会員 岩崎 隆
講座内容
コンパクトから一眼レフまでデジタルカメラを楽しく使いこなし、写真表現の立場からPhotoshopの簡単な使い方と、プロが撮影のコツを優しく教えます。季節の花や庭園、寺院など初級・中級クラス合同で野外撮影にも出掛けます。
日時・期間 月曜 10:00-12:00 10/15~03/25 12回
日程 2018年 10/15
受講料(税込み)
10月~3月(12回)
会員 29,064円
教材費 教材費 624円
設備維持費 1,296円
注意事項 受講料は6ヵ月一括前納が原則となっております。
継続受講の方は、当月に入ってからのご入金は窓口でのお支払いをお願いします。
お申込みの前に 受講前に、30分程度の見学もしくは1回分の料金で体験(要予約)することができます。 トライアル可 見学可
ご案内 筆記用具、デジタルカメラ、取扱説明書
カリキュラム 【10月からの内容】
10/15 デジタルカメラ入門 デジカメのすべて 楽しみ方
     デジタルカメラ、の種類、買い方、コンデジの触り方など基本を説明 一眼レフの楽しみ
10/22 野外撮影実習 下関海響館 / 水族館 下関市水族館の魚やクラゲ
     暗い水族館でのISOやホワイトバランスの訓練
11/12 講評会 写真を上映して講評を行います
11/26 野外撮影実習 毛利邸 /功山寺の紅葉
     長府庭園の紅葉を堪能し測光方式、構図を学習
12/10 講評会 写真を上映して講評を行います
12/24 デジカメの楽しみ方 レタッチ /プリント出力
     講師によるフォトショップレタッチによるプリント作品制作、作品批評
1/14 フォトレタッチの話 RAW現像の役目 レタッチソフトの必要性 撮影後の露出の調整
1/28 野外撮影実習 北九州産業技術保存継承センター・東田第一高炉建築 撮影
    北九州の工業遺産の第一高炉と現代モダン建築の写真撮影
2/11 講評会 写真を上映して講評を行います
2/25 野外撮影実習 久留米石橋美術館 庭園の梅 春の風吹く梅林にて梅の撮影
3/11 上映、講評会 プロジェクターによる投影で作品の指導添削
3/25 作品制作 ·プリント出力 期末作品批評会·まとめ
    講師によるフォトショップレタッチによるプリント作品制作、作品批評、まとめ
講師紹介 岩崎 隆 (イワサキ タカシ)
1952年福岡生まれ。JPS日本写真家協会会員。1971年から実兄藤本健八氏のスタジオに7年間在職、その後フリーランスとして独立。
1982年からアメリカ取材撮影を始め、海外の風景が出版物・雑誌に掲載、同時に大手フイルムエージェンシーを通し各分野の広告に使用される。1983年、福岡アメリカンセンターの個展をはじめとする写真展ほか、NHKのBS放送「やきもの探訪」では番組案内役、ロックバンド「SONHOUS」のツアーフォトグラファーの経験から昨年7月、フジテレビ系で放送された、バンドのドキュメンタリー番組では進行役で出演するなど多彩な才能を発揮。近年ではデジカメのコンピューターの画像処理、フォトコラージュなどデジタル技術を探求している。

履歴