もっと知りたい猫のひみつ| 北九州教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

093-521-8381

月~土 10:30~18:30 原則祝日を除く

【新設】もっと知りたい猫のひみつ 相島のノラネコ社会のお話

講師名 西南学院大学人間科学部准教授 山根 明弘
講座内容
人類と猫が出会って一万年、猫は私たち人間にとって最も身近な動物のひとつとして、私たちと共に暮らしています。しかし、その猫の生態については、私たちは意外と知らないことが多いものです。たとえば、猫が夜中に集会するって本当か?猫のどんな恋愛をするの?どんな猫が異性にモテるのか?など。このような猫の知られざる生態について、演者が30年前から行ってきた福岡県相島でのノラネコ研究をもとにお話します。また、わたしたち人類と猫がともに歩んできた歴史、そして両者の共存社会についてもお話します。(講師・記)
日時・期間 土曜 13:00-14:30 06/23~06/23 1回
日程 2018年 6/23
受講料(税込み)
6月~6月(1回)
会員 2,392円
一般 2,592円
教材費
設備維持費 108円
注意事項
講師紹介 山根 明弘 (ヤマネ アキヒロ)
1966年兵庫県生まれ。九州大学理学部卒、博士(理学)。専門は動物生態学、集団遺伝学。国立環境研究所、京都大学霊長類研究所、北九州市立自然史・歴史博物館を経て、2016年西南学院大学人間科学部准教授。
九州大学大学院時代から福岡県相島に生息するノラネコの研究を行う。他にもサウジアラビアに生息するマントヒヒの社会やサンショウウオの集団遺伝学など、多くの動物研究を行う。主な著書には『ねこの秘密』(文春新書)、『ねこはすごい』(朝日新書)、『わたしのノラネコ研究』(さえら書房)、『現代にゃん語の基礎知識2018』(共著、自由国民社)などがある。2015年より相島でのノラネコ研究を再開し、現在2匹の猫と暮らしている。

履歴