エジプト研究最前線| 北九州教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

093-521-8381

月~土 9:20~19:00 / 日 9:20~15:00 原則祝日を除く

【新設】エジプト研究最前線 大ピラミッドの未知の部屋の探索

講師名 エジプト考古学者 名古屋大学人類文化遺産テクスト学研究センター共同研究員 河江 肖剰
講座内容
世界有数の古代建造物であるギザのピラミッドは、近年、最先端技術による研究が様々な方向から進められています。この講演では、基礎的な話しから最新調査によって発見された「未知の空間」、ドローンによる3D計測に至るまで、包括的にピラミッドについてお伝えいたします。(講師・記)
日時・期間 土曜 13:30-16:45 01/13~01/27 1回
日程 2018年 1/13
受講料(税込み)
1月~1月(1回)
会員 5,400円
一般 5,832円
教材費
設備維持費 216円
注意事項 休憩15分あり
ご案内 筆記用具
講師紹介 河江 肖剰 (カワエ ユキノリ)
エジプト考古学者。1992年から2008年までカイロ在住。エジプトのカイロ・アメリカン大学エジプト学科卒業。2012年、名古屋大学で歴史学の博士号を取得。現在、名古屋大学大学院CHT共同研究員。米国古代エジプト調査協会(Ancient Egypt Research Associates, Inc.)調査メンバー。ピラミッド研究の第一人者マーク・レーナー博士のチームに加わり、ギザでの発掘調査に10年以上にわたって従事。現在、人文科学と自然科学の融合を目指した新しいアプローチによって、メンフィス地区のピラミッドの研究調査を推進中。2015年には、日経ナショナルジオグラフィックにより「日本のエクスプローラー」に選出。『世界ふしぎ発見(TBS)』や『世界一受けたい授業(日テレ)』、NHK総合/BSなどに出演し、エジプト文明について広めている。著書に『ピラミッド・タウンを発掘する』(新潮社)。

履歴