めくるめく国芳の猫浮世絵| 北九州教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

093-521-8381

月~土 10:30~18:30 原則祝日を除く

お江戸の猫事情 【新設】めくるめく国芳の猫浮世絵

講師名 「書肆 吾輩堂」店主 大久保 京
講座内容
撮影 西松宏
猫ブームは今に始まったことではありません。古くは平安時代から日本人は猫に魅せられていました。そのブームの中で最も熱いと思われるのが江戸末期です。
 その時代は浮世絵の全盛期ですが、特に異彩を放つのは浮世絵師一猫好きの歌川国芳の戯画です。現代にも通じる生き生きとした洒脱なデザイン、大胆でユーモアあふれる表現で人々を魅了しました。
 そんな彼の作品を紹介しながら、江戸の猫事情に迫ります。(講師・記)
日時・期間 土曜 13:00-14:30 08/25~08/25 1回
日程 2018年 8/25
受講料(税込み)
8月~8月(1回)
会員 2,392円
一般 2,592円
教材費
設備維持費 108円
注意事項
講師紹介 大久保 京 (オオクボ ミヤコ)
1966年福岡市生まれ。幼い頃より動物全般、特に猫好きだったが家族の反対で飼えず、その反動で大人になってから猫にのめりこむ。美術館とアート系NPO法人勤務ののち、猫本をまとめて扱う本屋があれば…という身勝手な欲望のままに2013年猫の日(2月22日)に日本初の猫本専門書店「書肆 吾輩堂」を立ち上げ、4匹の猫店員と共に猫本と猫雑貨を販売中。website:http://wagahaido.com/

履歴