百済三都物語-百済史概説-| 北九州教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

093-521-8381

月~土 10:30~18:30 原則祝日を除く

百済三都物語-百済史概説-

講師名 九州大学名誉教授 濱田 耕策
講座内容
百済の歴史は都が初めに置かれた漢城(ソウルの江南地域)の時代(~475年)、そして高句麗に追われて南に遷都した熊(こむ)津(なり)(公州)の時代(475~538年)と泗泌(サビ)(扶餘)の時代(538~660年)の3期に分けて考えることができます。
百済は南遷を余儀なくされると、伽耶を介して倭国から日本へと国家形成を進める我が国との関係を深め、白村江の敗戦で滅亡します。
今回は百済三都の遺跡と遺物を紹介しつつ、百済の通史を理解し、その個性と倭国・日本との交流の歴史を考えます。
日時・期間 木曜 13:00-16:30 03/28~03/28 1回
日程 2019年 3/28
受講料(税込み)
3月~3月(1回)
会員 5,184円
一般 5,832円
教材費
設備維持費 216円
注意事項
カリキュラム 〔講座のポイント〕
・漢城の遺跡と遺物
・王家の神話と系譜
・熊津の遺跡と遺物
・武寧王の時代
・泗泌の遺跡と遺物
・聖明王と義慈王の時代
・百済史の個性(高句麗・新羅との比較)
第1講 13:00~14:30
第2講 15:00~16:30
※休憩あり
講師紹介 濱田 耕策 (ハマダ コウサク)

履歴