古代の北九州と日本書紀| 北九州教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

093-521-8381

月~土 10:30~18:30 原則祝日を除く

【新設】古代の北九州と日本書紀

講師名 福岡教育大学名誉教授 亀井 輝一郎
講座内容
北九州は関門海峡・響灘・玄界灘・周防灘に面し、朝鮮・中国また畿内地方とも海によって結ばれる一方で、隔てられてきたともいえます。こうした地理的な特徴は、九州の歴史展開に大きな影響と特色を与え、中でも企救半島を擁する豊前国は注目すべき地域と考えられます。古代の正史である『日本書紀』にみえる景行天皇や神功皇后の説話、磐井の「反乱」や斉明天皇の西下の記事、長野角屋敷出土木簡などを手掛かりに、当該地域の歴史を探り、門司の由来についても考えてみたいと思います。(講師・記)
日時・期間 土曜 10:30-12:00 03/31~03/31 1回
日程 2018年 3/31
受講料(税込み)
3月~3月(1回)
会員 2,392円
一般 2,592円
教材費
設備維持費 108円
注意事項
講師紹介 亀井 輝一郎 (カメイ キイチロウ)
大阪市立大学大学院修了。福岡教育大学教授を経て、名誉教授。6~7世紀を中心とした日本古代史専攻。
『新版 古代の日本③』『北九州市史』『宗像市史』『太宰府市史』(共著)、その他。

履歴