沖ノ島と宗像三女神信仰| 北九州教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

093-521-8381

月~土 9:20~19:00 / 日 9:20~15:00 原則祝日を除く

【新設】沖ノ島と宗像三女神信仰

講師名 宗像大社文化財管理局主任 福嶋 真貴子
講座内容
国宝 金銅製龍頭 / 辺津宮本殿・拝殿 / 福嶋真貴子講師
玄界灘の只中に浮かぶ孤島沖ノ島。宗像三女神を祀る宗像大社の御神体で、三女神信仰の根源として崇敬されてきた。島にほぼ手つかずに残っていた古代の国家祭祀に関わる遺跡、そこから発見された約八万点の国宝の神宝をもとに、神の島沖ノ島の幕開けと宗像三女神信仰の歩みを解説する。(講師・記)
日時・期間 火曜 13:00-14:30 11/28~11/28 1回
日程 2017年 11/28
受講料(税込み)
11月~11月(1回)
会員 2,392円
一般 2,592円
教材費
設備維持費 108円
注意事項
講師紹介 福嶋 真貴子 (フクシマ マキコ)
1976年熊本市生まれ。共立女子大学国際文化学部卒業後、2000年より宗像大社で学芸員として勤務。現在、宗像大社文化財管理局主任。

履歴