朝鮮通信使の時代| 川西教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

072-755-2381

月~土 10:00~18:00 日曜祝日(振替休日含む)は休業

朝鮮通信使の時代 ユネスコ世界遺産登録をめぐって

講師名 京都造形芸術大学客員教授、ユネスコ登録申請日本側学術委員長 仲尾 宏
講座内容
「朝鮮通信使」にかかわる記録がユネスコの世界記憶遺産(世界の記憶)に登録されました。この登録申請作業は2年半の期間を要し、日本と韓国の民間団体が協力して成功にこぎつけました。狙いは、朝鮮通信使が寄与したことを、広く世界にアピールすることでした。前近代の東アジアに200年余の平和と安定をもたらし、文化の相互理解を深めたその実像と成果を、現代の東アジアの諸課題への教訓につなげることを、朝鮮通信使研究の第一人者である講師とともに考えます。
4月26日(木) ユネスコ登録の意義と朝鮮通信使外交のもたらしたもの
5月24日(木) 朝鮮通信使の残した遺産と多文化共生思想の芽生え
日時・期間 木曜 10:30-12:00 04/26~05/24 2回
日程 2018年 4/26
受講料(税込み)
4月~5月(2回)
会員 6,048円
一般 7,128円
教材費
設備維持費
注意事項 受付窓口でお手続きされる方は、ちらし<公開1>をご覧ください。
ご案内 持ち物:筆記用具
講師紹介 仲尾 宏 (ナカオ ヒロシ)
同志社大学卒。専門は日朝関係史。著書に『朝鮮通信使と徳川幕府』『朝鮮通信使の足跡』(共に明石書店)、『朝鮮通信使・江戸日本の誠信外交』(岩波新書)他多数。

履歴