新資料から見る日中国交正常化| 川西教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

072-755-2381

月~土 10:00~18:00 / 火・木・金・第1・3水曜 10:00~18:30 日曜祝日(振替休日含む)は休業

新資料から見る日中国交正常化 台湾・自民党・尖閣

講師名 成蹊大学教授 井上 正也
講座内容
日中国交正常化が実現してから今年で45年。日中国交正常化については、2000年代以降、外務省が外交文書を公開したこともあり、日本外交史においても研究が大きく進展している分野です。本講座は最新の研究動向に基づいて、①「二つの中国」と台湾問題、②田中角栄と福田赳夫の自民党内の対立、③尖閣問題、という三つの視点から、現代日中関係の原点ともいえる日中国交正常化を振り返ります。
日時・期間 土曜 13:30-15:00 07/29~07/29 1回
日程 2017年 7/29
受講料(税込み)
7月~7月(1回)
会員 3,024円
一般 3,348円
教材費
設備維持費
注意事項 受付窓口でお手続きされる方は、ちらし<公開1>をご覧ください。
ご案内 持ち物:筆記用具 教材として資料をお配りする場合、実費をいただきます(1枚20円)。
講師紹介 井上 正也 (イノウエ マサヤ)
1979年生。成蹊大学法学部教授。神戸大学大学院法学研究科博士後期課程修了。博士(政治学)。専門は日本政治外交史。主著『日中国交正常化の政治史』(名古屋大学出版会、サントリー学芸賞・吉田茂賞受賞)。

履歴