世界を魅了した並河靖之の七宝| 川西教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

072-755-2381

月~土 10:00~18:00 / 火・木・金・第1・3水曜 10:00~18:30 日曜祝日(振替休日含む)は休業

世界を魅了した並河靖之の七宝

講師名 並河靖之七宝記念館学芸員 平田 景子
講座内容
藤草花文花瓶 並河靖之七宝記念館蔵 / 平田講師 / 部分 並河靖之七宝記念館蔵
明治時代に大きく花開いた七宝工芸。帝室技芸員に任命された並河靖之が生涯をかけて追及した有線七宝は、金属線によってかたどられた緻密な模様と、ガラス質の色釉薬を焼き付けて彩られ、100年以上を経た現在でも煌めきをたたえています。国内外からも評価が高い、並河七宝の極小の技の魅力を紐解きたいと思います。
日時・期間 月曜 13:00-14:30 10/30~10/30 1回
日程 2017年 10/30
受講料(税込み)
10月~10月(1回)
会員 2,808円
一般 3,024円
教材費
設備維持費
注意事項 受付窓口でお手続きされる方は、ちらし<公開1>をご覧ください。
ご案内 持ち物:筆記用具 教材として資料をお配りする場合、実費をいただきます(1枚20円)。
講師紹介 平田 景子 (ヒラタ ケイコ)
記念館に学芸員として入館して14年目。学生時代には考古学を専攻していたこともあり、作品の技術面に関心がある。一つひとつをじっくり観察して七宝の魅力を紹介している。

履歴