もう一度読みたい児童文学| 川西教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

072-755-2381

月~土 10:00~18:00 / 火・木・金・第1・3水曜 10:00~18:30 日曜祝日(振替休日含む)は休業

もう一度読みたい児童文学 アーサー・ランサム『ツバメ号とアマゾン号』

講師名 梅花女子大学名誉教授、大阪国際児童文学振興財団特別顧問 三宅 興子
講座内容
子どもの本には、子ども時代に読むだけでなく、子どもを相手に読んだり、人生体験を重ねてからゆっくり読んだりと、一生のなかで何度でも出会うことができます。同じ本なのに、違った面白さを感じたり、こんな本だったのかという発見があったりもします。そして、自分ひとりでの再読だけではなく、読書会のようなやり方で、いろいろと語り合えるのは楽しいものです。
第3回目は、アーサー・ランサムの『ツバメ号とアマゾン号』です。
(その後、『ともしびをかかげて』、『たのしいムーミン一家』などを予定しています。)
日時・期間 土曜 13:30-15:00 09/09~09/09 1回
日程 2017年 9/9
受講料(税込み)
9月~9月(1回)
会員 2,916円
一般 3,240円
教材費
設備維持費
注意事項 受付窓口でお手続きされる方は、ちらし<公開1>をご覧ください。
お申込みの前に 第二回 6月10日(土) ケネス・グレーアム『たのしい川べ』 も募集中です。
ご案内 持ち物:筆記用具 教材として資料をお配りする場合、実費をいただきます(1枚20円)。
講師紹介 三宅 興子 (ミヤケ オキコ)
1938年生。日本イギリス児童文学会会長、絵本学会会長、日本児童文学学会理事大阪国際児童文学振興財団理事長などを歴任。
主な著作:『イギリス児童文学論』(翰林書房1993)、『イギリス絵本論』(翰林書房1994)、『イギリスの絵本の歴史』(岩崎書店1996)、評伝『ロバート・ウェストール』(KTC中央出版2008)、『大正期の絵本・絵雑誌の歴史一少年のコレクションを通じて』(翰林書房2009)

履歴