古代王権の興亡―律令国家から邪馬台国へ| 川西教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

072-755-2381

月~土 10:00~18:00 日曜祝日(振替休日含む)は休業

古代王権の興亡―律令国家から邪馬台国へ ヤマト王権と天皇

講師名 NPO法人妙見山麓遺跡調査会理事 神崎 勝
講座内容
わが国の古代王権の歴史を、時間をさかのぼるかたちで展望します。日本の王権が完成した律令国家の成立を起点に、壬申の乱、白村江の役、大化の改新、聖徳太子と蘇我氏の政治、大伴氏と物部氏の盛衰、倭五王の時代、「謎の四世紀」、邪馬台国の時代へと、さかのぼってゆきます。この四百年におよぶ歴史のなかで、天皇(大王)の権威がどのように生まれ成長してきたか、をメインテーマとして、この国の「国作りの秘密」に迫ってゆきましょう。
日時・期間 火曜 13:00-14:30 11/20~12/18 2回
日程 2018年 11/20
受講料(税込み)
11月~12月(2回)
会員 5,616円
教材費
設備維持費
注意事項 受付窓口でお手続きされる方は、ちらし<1>をご覧ください。
お申込みの前に ◇11月20日に1日体験講座がございます(会員・一般とも2,808円)
◇1日体験ご受講後、定期講座にお申込みの場合、入会金が半額
 (入会金5,400円→2,700円)になります。
ご案内 持ち物:筆記用具 教材として資料をお配りする場合、実費をいただきます(1枚20円)。

(1)11/20 屯倉とはなにか
(2)12/18 部民制のしくみ
講師紹介 神崎 勝 (カンザキ マサル)
奈良市、東大阪市、兵庫県多可郡の教育委員会文化財課に勤務し、姫路獨協大学講師、日本鉱業史研究会理事など歴任。2005年NPO法人妙見山麓遺跡調査会理事に就任。著書に『加古川流域の古代史』『冶金考古学概論』ほか。

履歴