女帝と『万葉集』| 川西教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

072-755-2381

月~土 10:00~18:00 / 火・木・金・第1・3水曜 10:00~18:30 日曜祝日(振替休日含む)は休業

女帝と『万葉集』 持統天皇が貫いた“夢”

講師名 京都女子大学名誉教授 瀧浪 貞子
講座内容
日本古代の女帝は政治だけでなく、文化的にも大きな役割を果たしています。
とくに日本最古の歌集である『万葉集』は持統天皇が発意し、続く元明天皇・元正天皇がその遺志を継承して編纂しました。
『万葉集』を歴史的な視点から読み解くことにより、『万葉集』を発意した持統天皇の意図と、その「夢」について考えてみたいと思います。
日時・期間 金曜 15:30-17:00 09/15~09/15 1回
日程 2017年 9/15
受講料(税込み)
9月~9月(1回)
会員 2,700円
一般 3,024円
教材費
設備維持費
注意事項 受付窓口でお手続きされる方は、ちらし<公開1>をご覧ください。
ご案内 持ち物:筆記用具 教材として資料をお配りする場合、実費をいただきます(1枚20円)。
講師紹介 瀧浪 貞子 (タキナミ サダコ)
京都女子大学大学院修士課程修了。文学博士。筑波大学非常勤講師、京都女子大学教授を経て現職。専門は日本古代史(飛鳥、奈良、平安時代)

履歴