(大人)4D立体映像でとらえる大宇宙の姿と地球が受けてきた天災| 川西教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

072-755-2381

月~土 10:00~18:00 / 火・木・金・第1・3水曜 10:00~18:30 日曜祝日(振替休日含む)は休業

(大人)4D立体映像でとらえる大宇宙の姿と地球が受けてきた天災

講師名 京都大学天文普及プロジェクト室室長・京都情報大学院大学准教授 青木 成一郎
講座内容
NASA/JPL-Caltech / 講師写真
最新天文学の成果に基づく天体映像を使い、4D時空での宇宙の姿を立体的にとらえながら解説します。地球を離れたのち、月や太陽に触れ、太陽系と銀河系を抜けて、宇宙の地平線まで見ていきます。地球が生まれてから現在までに受けてきた、天体衝突や気候変動と生命大量絶滅などの天災についても紹介します。安倍晴明などの天文博士らが記録した「天災」についても触れます。日常生活を忘れ、宇宙の広大さや深遠さを感じませんか?
日時・期間 土曜 13:30-15:00 08/26~08/26 1回
日程 2017年 8/26
受講料(税込み)
8月~8月(1回)
会員 3,348円
一般 3,564円
教材費
設備維持費
注意事項 受付窓口でお手続きされる方は、ちらし<公開1>をご覧ください。
ご案内 持ち物:筆記用具 教材として資料をお配りする場合、実費をいただきます(1枚20円)。
講師紹介 青木 成一郎 (アオキ セイイチロウ)
東京大学大学院理学系研究科博士課程修了(博士(理学))。2016年1月から現職。専門は宇宙プラズマ物理学。最近は特に天文教育普及活動を積極的に推進し、4次元デジタル宇宙シアターによる講演やイベント運営多数。また、京都の天文歴史街歩きプロジェクト「京都千年天文学街道」の実行副委員長を務める。「平成25年度 文部科学大臣表彰 科学技術賞 理解増進部門」受賞。

履歴