御食(みけ)つ国「淡路」とヤマト王権| 川西教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

072-755-2381

月~土 10:00~18:00 日曜祝日(振替休日含む)は休業

御食(みけ)つ国「淡路」とヤマト王権

講師名 元同志社大学教授 辰巳 和弘
講座内容
イザナキ・イザナミ 二神の国生み神話において、淡路島が枢要な位置を占めることは周知のこと。また淡路に湧く聖水は大王の大御水として、快速艇「枯野」によって大王のもとに運ばれたという。そして淡路は大王に供奉する海人たちの舞台でした。2015年、南あわじ市松帆から発見された銅鐸群の問題にも触れながら、多くの史資料のなかにヤマト王権にとっての淡路島の存在を考えます。
日時・期間 土曜 13:00-14:30 06/02~06/02 1回
日程 2018年 6/2
受講料(税込み)
6月~6月(1回)
会員 2,808円
一般 3,240円
教材費
設備維持費
注意事項 受付窓口でお手続きされる方は、ちらし<公開1>をご覧ください。
ご案内 持ち物:筆記用具 教材として資料をお配りする場合、実費をいただきます(1枚20円)。
講師紹介 辰巳 和弘 (タツミ カズヒロ)
元同志社大学教授。大阪市生まれ。同志社大学大学院修士課程修了。静岡県教育委員会指導主事、静岡県立高校教諭を経て現職。学際的視点から古代を研究する。主な著書に、『聖樹と古代大和の王宮』(中央公論新社)、『新古代学の視点』(小学館)、『古墳の思想』(白水社)、『「黄泉の国」の考古学』(講談社現代新書)ほか。

履歴