中世西欧世界の中のイングランド王国| 川西教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

072-755-2381

月~土 10:00~18:00 日曜祝日(振替休日含む)は休業

中世西欧世界の中のイングランド王国

講師名 関西大学教授 朝治 啓三
講座内容
ケニルワース城:シモン・ド・モンフォールの城、エリザベス1世時代にも歴史の舞台となった。 / ケムブリッジ大学図書館:現在の建物は1930年代の建築。各カレッジや学部にも図書館がある。 / 朝治講師
独自の道を行く英国か、ヨーロッパの一部なのかは、古くて新しいテーマです。アングロ・サクソン人は北ドイツから移住してきました。北欧のバイキングはブリテン島を征服して王になりました。ノルマン征服王はフランス人です。ブリテン島原住民はイングランド史の主人公だったのでしょうか。教科書より広い視野でイングランド王国史を捉えてみましょう。

7/23 マグナ・カルタ
1204年までに北フランスのアンジュー家領がフランス王カペー家に奪われた結果、ジョンはイングランドに住み続けなければならず、在地諸侯と王国統治の仕方で合意をし、大憲章を与えたのです。
8/6 シモン・ド・モンフォールの乱
ジョンの息子ヘンリー3世は失ったフランス領を回復し、カペー家に対抗するため、イングランドの富を大陸での戦争に浪費しました。イングランド諸侯たちは結束して、国王と会議して王国を統治する制度・パーラメントを設立したのです。
8/27 英仏百年戦争
エドワード3世は母の父がフランス王であったことを根拠にフランス王位を請求する権利を持っていましたが、1328年のフランス諸侯会議には招待されませんでした。その王位請求を実現させるための戦争が百年戦争で、彼の曾孫ヘンリ6世は実際にフランス王になりました。
日時・期間 月曜 13:30-15:00 07/23~08/27 3回
日程 2018年 7/23
受講料(税込み)
7月~8月(3回)
会員 8,748円
一般 9,720円
教材費
設備維持費
注意事項 受付窓口でお手続きされる方は、ちらし<1>をご覧ください。
◆8月は第①④月曜、9月はお休み◆
ご案内 持ち物:筆記用具 
※資料をお配りする場合、実費をいただきます。(1枚20円)
講師紹介 朝治 啓三 (アサジ ケイゾウ)
京都大学文学部大学院博士課程後期課程修了。神戸女学院大学教授、ケムブリッジ大学クレア・ホール、ヴィジティング・フェロー、関西大学文学部教授。京都大学博士(文学)。

履歴