漢から唐の時代における東アジアの歴史展開| 福岡教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

092-431-7751

月~土 10:00~18:00  原則 日・祝日を除く

漢から唐の時代における東アジアの歴史展開 三国志・五胡の南下・江南亡命政権

講師名 九州大学名誉教授 川本 芳昭
講座内容
唐三彩女子騎馬 / 雲岡大仏
漢から唐の時代における東アジアの歴史について考えてゆきます。この時期の中国・朝鮮では国内の混乱、北方民族の南下などに伴って大きな変動が生じました。今回はこれまで考察してきた古代日本における歴史が、中国を中心とした大陸の動向とどのように関連していたのかを、この時期の大陸の歴史の展開を通して見てゆきます。
日時・期間 火曜 10:30-12:00 01/15~03/19 6回
日程 2019年 1/15
受講料(税込み)
1月~3月(6回)
会員 15,552円
教材費
設備維持費 648円
注意事項
お申込みの前に トライアル可
ご案内 筆記用具をお持ちください。


※設備費は、教室維持費です。
カリキュラム ①漢から唐に至る時代はどのような時代であったのか。
②漢の崩壊と新たな時代へのうねり。
③三国志の時代 
④司馬仲達の時代 
⑤五胡の侵入 
⑥胡族、漢族の意識構造 
⑦民族和解への動き 
⑧北魏の登場 
⑨江南の社会 

※変更になる場合もあります。
講師紹介 川本 芳昭 (カワモト ヨシアキ)
1950年長崎県生まれ。1969年福岡県立東筑高等学校卒業。1973年九州大学文学部東洋史学科卒業。東アジア古代中世史専攻。1998年九州大学文学部教授、2015年退職。この間、九州大学文学部長、同大学院人文科学研究院院長、外務省日中歴史共同研究日本側委員、九州大学副学長、同文書館長、同付属図書館長に任じる。九州大学名誉教授。現在、九州国立博物館財団評議員、朝日カルチャーセンター講師。

履歴