明治維新150年記念『幕末激動の福岡』| 福岡教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

092-431-7751

月~土 9:20~19:00 / 日 9:20~15:00 原則 祝日を除く

明治維新150年記念『幕末激動の福岡』 太宰府

講師名 萩博物館特別学芸員 山口福祉文化大学特任教授 一坂 太郎
講座内容
太古から外交・貿易の中心地だった太宰府は、幕末の動乱期にも重要な地となります。
1863年(文久3年)の8・18の政変で、京都から追放された三条実美らが幽閉された地として登場するのです。これら攘夷派の公家たちのもとには、西郷隆盛や桂小五郎、高杉晋作、中岡慎太郎、伊藤博文らが面会に訪れたとされ、この時代の太宰府では、その後の日本の歴史に関係する情報が交換された場所といえます。
 講義では、先人たちが残した資料から、日本でそして太宰府で何がおこっていたのかを読み解きます。現地は、150年前の歴史を振り返りながら、ゆかりの地を訪ねます。

11月 11日 (土曜) 教室(10:30~12:00)
12月  9日 (土曜) 野外(詳細は、11月の講義の際にお伝えします)

日時・期間 土曜 10:30-12:00 11/11~12/09 2回
日程 2017年 11/11
受講料(税込み)
11月~12月(2回)
会員 6,156円
一般 6,804円
教材費
設備維持費 108円
注意事項
ご案内 ※受講手続きは事前にお済ませ下さい。当日入金は、受講料に200(税別)円を加えた金額で承ります。
※設備費は教室維持費です。
講師紹介 一坂 太郎 (イチサカ タロウ)
1966年生。主な著書に『幕末歴史散歩東京篇』 『長州奇兵隊』 『幕末維新の城-権威の象徴か、実戦の要塞か』 (中公新書)、『東京幕末維新を歩く旅』(山と渓谷社)、 『高杉晋作』(文春新書)、 『司馬遼太郎が描かなかった幕末』(集英社新書)、 『坂本竜馬を歩く』『昭和史跡散歩[東京篇]』(イースト新書)など。NHK「英雄たちの選択」などテレビ出演も多数。

履歴