福岡と漆~歴史文化特別講座| 福岡教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

092-431-7751

月~土 9:20~19:00 / 日 9:20~15:00 原則 祝日を除く

知っておきたい! 福岡と漆~歴史文化特別講座

講師名 福岡市埋蔵文化財センター保存分析係長 比佐 陽一郎
博多漆芸研究所 主宰 松生 まさよ
博多漆芸研究所 代表 松生 順
自伐林家 梶原 大源
講座内容
松生 順先生
最近、テレビや雑誌などのメディアでしきりに目にする「漆」。皆さんは、「漆は東北」のイメージをお持ちではないでしょうか?漆工は、縄文時代に北陸~北海道地域で発達しますが、弥生時代に入ると、北部九州からニューウェーブが押し寄せます。
 福岡市からは、拾六町ツイジ遺跡、今宿五郎江遺跡などから弥生初期のたいへん貴重な漆工品が出土しています。本講座は、それらの出土品解説を皮切りに、総勢四名の話し手が、漆の歴史と文化について総合的にご紹介します。
 出土品は、実物を展示します。ガラスケースに入っていない状態で、写真撮影OKです。漆芸関係者の間で話題の、驚くべき技術をご自分の眼でお確かめ下さい。

①「福岡市の出土品」展示と解説
・・・福岡市埋蔵文化財センター保存分析係長 比佐 陽一郎先生

②「漆の歴史」入門編
・・・漆芸作家(工房ぬり松、) 松生 まさよ先生

③「漆の材料と道具」
・・・漆芸作家(工房ぬり松、) 松生 順先生

④「ウルシノキについて」
・・・自伐林家 梶原 大源先生


日時・期間 日曜 13:00-15:30 02/26~02/26 1回
日程 2017年 2/26
受講料(税込み)
2月~2月(1回)
会員 1,836円
一般 2,160円
教材費
設備維持費 108円
注意事項
ご案内 筆記用具をお持ちください。



※設備費は、教室維持費です。
講師紹介 比佐 陽一郎 (ヒサ ヨウイチロウ)

松生 まさよ (マツオイ マサヨ)

松生 順 (マツオイ ジュン)
東京芸術大学美術学部工芸科漆芸専攻卒
現在は漆の工房である、「工房ぬり松、」、および漆の学び舎「博多漆芸研究所」の代表
九州産業大学芸術学部非常勤講師

梶原 大源 (カジワラ ダイゲン)

履歴