西洋女性史にみる歴史の中の女たち| 福岡教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

092-431-7751

月~土 10:00~18:00  原則 日・祝日を除く

西洋女性史にみる歴史の中の女たち カトリーヌ・ド・メディシス~フランス3国王の母后の光と影

講師名 福岡大学非常勤講師 富永 桂子
講座内容
カトリーヌ・ド・メディシスは、フィレンツェの名門メディチ家最後の正嫡の一人娘で、フランス王家に14歳で嫁ぎます。しかし夫のアンリは年上の寵姫に夢中で、10年間も子どもに恵まれないカトリーヌは、離婚の危機の中でひたすら義父のフランソワⅠ世を頼りにしていました。
 アンリⅡ世を不慮の事故で亡くすと、年少の王たちの母后として権力の中枢を担っていきます。
 カトリーヌは一般的には宗教戦争の頂点と言われる「聖バルテルミーの大虐殺」の首謀者とされてきましたが、他方では、イタリアの食文化をフランスで開花させた、と言われています。
 こうしたカトリーヌの光と影を捉えながら、彼女の実像に迫りたいと思います。
 DVDを使用して講義を進めます。
 本講義にちなんで、カトリーヌにより伝えられたマカロンの原型ともいわれる「アマレッティ(Amaretti)」(フランス菓子16区製)をコーヒーと共にご賞味ください。

日時・期間 火曜 13:00-15:00 03/06~03/06 1回
日程 2018年 3/6
受講料(税込み)
3月~3月(1回)
会員 3,240円
一般 3,564円
教材費
設備維持費 108円
注意事項 ★お菓子の注文の締切のため、3月3日(土)までにお申し込みください。
ご案内 筆記用具をお持ちください。


※受講手続きは事前にお済ませ下さい。当日入金は、受講料に200(税別)円を加えた金額で承ります。
※設備費は、教室維持費です。
講師紹介 富永 桂子 (トミナガ ケイコ)

履歴