映画で学ぶ オペラの愉悦| 福岡教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

092-431-7751

月~土 10:00~18:00  原則 日・祝日を除く

【新設】映画で学ぶ オペラの愉悦 オペラを翻案した名画

講師名 ノンフィクション作家 西村 雄一郎
講座内容
えっ、この名作映画は、こんなオペラが基になってたの? ドラマチックなオペラと映画との不思議な関係を探るシリーズ最終篇。
 今回は、オペラを大胆に翻案した名画を揃えました。両者を比較しながら、その違いを考えることによって、それぞれの特徴がより明確に浮かび上がってきます。
 オペラと映画が一度に理解できるお得な講座です。



日時・期間 月曜 13:00-15:00 01/07~02/18 6回
日程 2019年 1/7
受講料(税込み)
1月~2月(6回)
会員 14,256円
教材費
設備維持費 648円
注意事項
お申込みの前に トライアル可
ご案内 ※設備費は、教室維持費です。
カリキュラム 1/ 7 オペラ 「タンホイザー」(ワ―グナー作曲)映画 「「ミーティング・ヴィーナス」(サボー・イシュトヴァン監督)
1/14 オペラ「メリー・ウィドウ」(レハール作曲) 映画 「疑惑の影」(アルフレッド・ヒッチコック監督)
1/21 オペラ「青ひげ公の城」(バルトーク作曲) 映画 「青髭八人目の妻」(エルンスト・ルビッチ監督)
1/28 オペラ 「ドン・ジョヴァンニ」(モーツァルト作曲) 映画 「虚栄のかがり火」(ブライアン・デ・パルマ監督)
2/ 4  オペラ 「エレクトラ」(R・シュトラウス) 映画 「晩春」(小津安二郎監督)
2/11 オペラ 「カルメン」(ビゼー作曲) 映画 「カルメンという名の女」(ジャン・リュック・ゴダール監督)
講師紹介 西村 雄一郎 (ニシムラ ユウイチロウ)
佐賀市生まれ。早稲田大学演劇科を卒業後、渡仏し、映画雑誌「キネマ旬報」パリ駐在員。帰国後、映像ディレクター。1985年から古湯映画祭の総合プロデューサーを務め、その功績により佐賀新聞文化奨励賞。川口市の「映像ミュージアム」の総合アドバイザー。佐賀新聞連載コラム「シネマ・トーク」は30年を超え、新聞連載の最長記録を更新中。昨年はモスクワ映画祭から招待され、黒澤明シンポジウムで日本代表として講演を行った。著書は「巨匠たちの映画術」(キネマ旬報社)、「黒澤明と早坂文雄」(筑摩書房)、「ぶれない男 熊井啓」(新潮社)、「黒澤チルドレン」(小学館文庫)など。

履歴