古代東アジアにおける馬の歴史 オンライン講座

  • 殷墟遺跡の馬車
  • 角道亮介講師
  • 角道 亮介(駒澤大学准教授)
講師詳細

 日本へ初めて馬がやってきたのはいつのことでしょうか?騎馬のための道具はだれがいつごろ発明したのでしょうか?馬はいつから人とともに暮らすようになったのでしょうか?人類による馬の利用は、農耕の開始や金属器の利用と同様に世界各地で歴史を大きく変える原動力ともなりました。本講座では、発掘調査によって出土した資料の紹介を通じて馬と人間の歴史を振り返りながら、古代東アジア地域を中心に、馬の存在が世界史に与えた影響を学びます。馬車と騎馬が駆けた古代のアジアに思いを馳せましょう。(講師記)

※講師は、教室で講座を行います。
  教室でのご受講希望の方はこちら→https://www.asahiculture.jp/course/yokohama/504ed62a-1bc5-ea14-c636-5f840e1a5a75

<注意事項>
●本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。簡単にアクセスでき、パソコンやタブレット、スマートフォンで視聴できます。受講者の皆様のお名前や映像、音声は配信されません。
●オンライン講座の申し込み方法はWEB決済のみです。申し込みは開講日の3日前まで承ります。なお、定員になり次第受付は締め切らせていただきます。キャンセルは初回の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はyk9gaikokugo@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
●開講日の1~2日前に受講者の皆様に受講のご案内および講座視聴URLとパスワードをメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は yk9gaikokugo@asahiculture.com までお問合せください。携帯アドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)は届かないことが多いため、Gmailなどのフリーメールかパソコンのメールアドレス推奨です。
●本講座は受講者全員に後日、動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内、受講者は何度でもご視聴いただけます。
●ソフトウェアを最新版にアップデートの上ご覧ください。
●ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
●第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。

お申し込み

注意事項

●こちらはオンライン受講専用です。教室でのご受講希望の方はこちら→https://www.asahiculture.jp/course/yokohama/504ed62a-1bc5-ea14-c636-5f840e1a5a75
●本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。開講日の1~2日前に受講者の皆様に受講のご案内および講座視聴URLとパスワードをメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、yk9gaikokugo@asahiculture.com までお問合せください。携帯アドレスは届かないことが多いため、Gmailなどのフリーメールかパソコンのメールアドレス推奨です。
●本講座は受講者全員に後日、動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内、受講者は何度でもご視聴いただけます。
●ソフトウェアを最新版にアップデートの上ご覧ください。

日程
2021/3/6
曜日・時間
土曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,300円
設備費(税込)
-
持ち物など
<テキスト>事前にメールで送付いたします。

講師詳細

角道 亮介(カクドウ リョウスケ)
1982年生まれ。千葉県出身。専門は中国考古学。北京大学考古文博学院への留学中、陝西省の周公廟遺跡にて西周時代遺跡の発掘調査に参加。2013年に東京大学大学院にて博士号取得。日本学術振興会特別研究員を経て、2014年より現職。主な著書に『西周王朝とその青銅器』(六一書房)、『地下からの贈り物―新出土資料が語るいにしえの中国』(東方書店、共著)、『北京大学版中国の文明1 古代文明の誕生と展開(上)』(潮出版社、翻訳)など。