南北朝・室町時代史
  • 教室開催

  • 木村 茂光(東京学芸大学名誉教授)
講師詳細

本講座は、前の講座「鎌倉時代史」の継続として、南北朝内乱から室町幕府の成立とその動揺までの約130年の歴史を扱う。60年間という長い内乱を経て、14世紀末から15世紀の初め、足利義満の時代に「室町の平和」と称される安定した時期を迎えるが、それも長くは続かず、東国の政治的混乱を経過して1467年には応仁の乱という大乱が勃発したことはよく知られている。
60年間も続いた内乱の要因、義満の政治・外交の特徴、そして幕府体制の動揺から応仁の乱に至る過程を、「南北朝の内乱」・「室町の平和」・「動乱の時代へ」の3つに区分して講義する。
その際、ともすると京都・畿内の政治の説明が中心になりがちだが、本講座ではそうならないよう、極力東国の政治情勢を加味しながら講義することを目指したいと思う。
今期は、鎌倉幕府の滅亡から建武政権・室町幕府の成立を経て、長い南北朝の内乱に至る過程とその特徴について講義するが、都市鎌倉の政治的な位置についても留意したいと思っている。(講師・記)  
                                
<カリキュラム>
Ⅰ 南北朝の内乱
第1回 建武政権の成立と東国
第2回 室町幕府の創設
第3回 南北朝の内乱

★2021年7月開講です。
※日程、内容ともに変更することもあります。 

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2021/7/27, 8/24, 9/28
曜日・時間
第4 火曜 13:00~14:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,910円 
設備費(税込)
495円

講師詳細

木村 茂光(キムラ シゲミツ)
1946年生まれ、大阪市立大学大学院文学研究科博士課程修了。現在、東京学芸大学名誉教授。専門は日本中世史、前近代農業史。主な著書・編著に、『日本古代中世畠作史の研究』(校倉書房)、『ハタケと日本人』(中公新書)、『「国風文化」の時代』(青木書店)、『初期鎌倉政権の政治史』(同成社)、『日本初期中世社会の研究』(校倉書房)、『日本中世百姓成立史論』(吉川弘文館)、『中世社会の成り立ち』(吉川弘文館)など、新著に『頼朝と街道-鎌倉政権の東国支配-』(吉川弘文館)、『歴史から読む『土佐日記』(編著、東京堂出版)がある。