狗奴国と東海六部族 邪馬台国に反旗を翻した地域社会

  • 愛知県犬山市「東之宮古墳」人物禽獣文鏡
  • 赤塚 次郎(NPO法人古代邇波の里・文化遺産ネットワーク理事長)
講師詳細

2世紀から3世紀の地域社会,邪馬台国・狗奴国など地域社会のまとまりが「国」という枠組みで登場した。その経緯を考古学資料から読み解き,邪馬台国と狗奴国が抗争し,列島に新しい王権が誕生したその時代。激動の時期を駆け抜けた東海地域の英雄たちを追跡してみよう。そこには次なる倭王権誕生に至る過程が見えてくる。(講師記)

お申し込み

注意事項

コロナ対応のため日程変更をしました。
【休講】6月6日 ➡ 8月1日(土)13:00~14:30

日程
2020/8/1
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円

講師詳細

赤塚 次郎(アカツカ ジロウ)
1954年、愛知県犬山市生まれ。1979年、奈良教育大学教育学部卒。狗奴国論をはじめとした弥生・古墳文化を研究。元愛知県埋蔵文化財センター副センター長。現在はNPO法人古代邇波(ニワ)の里・文化遺産ネットワーク理事長。