【オンライン受講】お釈迦さまの教え 心を守る
  • 教室・オンライン同時開催

  • 写真撮影:相田晴美
  • アルボムッレ スマナサーラ(スリランカ上座仏教長老)
講師詳細

 お釈迦さまは、苦しみを乗り越えて究極の幸福(涅槃)に達するための生き方を「心を守る」という一言に集約されました。そして、この生き方を実践するための具体的な方法について、様々なたとえ話を交えてお話されたのです。今回ご紹介するのは、「琴のたとえ」と呼ばれる経典です。素晴らしい琴の音色に魅了されたある王様の物語を通して、わたしたちが外界の刺激を追い求めて、自分のものにしようとすることの危険と無意味さが示されます。この講義を通して、「心を守る」生き方を実践することで得られる精神的な自由を追体験してみましょう。 (講師・記)
(参考経典:相応部35-246 Vīṇopamasuttaṃ 琴喩経)

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、教室でも受講できるハイブリッド講座です(講師はオンライン)。パソコンやスマートフォン、タブレットでも配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は yk9yokohama@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクのの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はyk9yokohama@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は終了しました

注意事項

本ページは【オンライン受講】のお申し込みページです。
教室受講を希望される方はこちら⇒https://www.asahiculture.jp/course/yokohama/8e401bb3-8062-7145-897a-62ecf73c454d

・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師はオンライン)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 yk9yokohama@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・本講座は、受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

※講師にはオンラインでご登壇いただくため、横浜教室にはお越しになりません。

日程
2022/10/6
曜日・時間
木曜 18:30~20:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円
その他
●開始・終了時刻が遅れる可能性がございます。予めご了承ください。
●配布資料はありません。

講師詳細

アルボムッレ スマナサーラ(アルボムッレ スマナサーラ)
1945年生まれ。スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)長老。長年にわたって、日本で根本仏教の解説と、瞑想実践の指導を行う。NHK「心の時代」に過去4回にわたって出演。「仏教は心の科学」(宝島社)、「ブッダ-大人になる道」 (筑摩書房)、「自立への道-ブッダはひとりだちを応援します」(サンガ)、『原訳「法句経(ダンマパダ)」一日一話』佼成出版社)、「なぜ、悩む!幸せになるこころのしくみ」(玄侑宗久氏との対談:サンガ)、「ブッダの道の歩き方」(立松和平氏との対談:サンガ)、「希望のしくみ」(養老孟司氏との対談:宝島社)など著書多数。