リトアニアのことばと文化

  • 櫻井 映子(東京外国語大学講師)
講師詳細

リトアニアは、バルト海沿岸にある小さな美しい国です。隣国のラトヴィア、エストニアとともに、「バルト三国」と呼ばれています。なだらかに続く緑の平原をゆったりと流れる川、 深い森や林、大小数千もの湖、のどかに広がる農地  リトアニアの魅力は、穏やかな自然と風土、そして、どこか懐かしい牧歌的な風景です。世界遺産に登録された、中世の面影を残す首都ヴィリニュス旧市街の町並みもまた、訪れる人の心を惹きつけてやみません。国の公用語のリトアニア語は、ヨーロッパの諸言語の中でも最も古風な言語として知られています。言語の歴史や特徴を知り、簡単な会話表現をフレーズで覚えましょう。

お申し込み
日程
2021/6/26
曜日・時間
土曜 11:45~13:15
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円

講師詳細

櫻井 映子(サクライ エイコ)
東京外国語大学・大阪大学リトアニア語講師。文学博士。専門は、バルト・スラヴ学、リトアニア語学、リトアニア文学。著書に『ニューエクスプレスプラス リトアニア語』、『リトアニアを知るための60章』、共著に『言語学基本問題集』など多数。現在、バリース・スルオガの自伝的小説『神々の森』を翻訳中。