正法眼蔵で読む「こころ学」
  • 教室開催

  • 中野 東禅(龍宝寺前住職)
講師詳細

 道元の「正法眼蔵」は、ブッダの生き方学を明確に提示しています。特に迷いの心と、さとりの心を簡潔に説明しています。そして「仏の心に共鳴する」人間のありようを明示します。「仏法は人の知るべきにはあらず」仏にあこがれ、共鳴した時にそれになるのだといいます。それは、凡夫心をはるかにこえて共鳴した時に、あなたの心になるのだといいます。また、事件や、仕事や、悩みが一遍に重なった時、どうしたらよいか。そういう時は、開き直ってみよ、といいます。その時、なすべきこと、できること、できないことを瞬時に選別して後悔しない決断ができるだろうといいます。目的意識があなたを救います。「迷い」と「仏のよびかけ・無心」とが出会うあり方を簡潔に語る「正法眼蔵 発菩提心」に生き方を学びます。(講師記)

1 4/6 人間の物差しをこえた無心の世界
2 4/20 自我の色眼鏡をはずしたら皆尊く見える。
3 6/1 物事のあるがままにうけとれるか。
4 6/15 あるべきように生きさわやかなのさ。
5 6/29 魚心と水心みたいに同心なのさ。
6 7/6 鳥は鳥の道を飛ぶ。
7 7/20 菩提心とは状況の中で慮る力である。
8 8/3 求める心(発心)はそれ自体がさとりの心なのさ。
9 8/17 はかない命が永遠な真実をはたらくのです。
10 8/31 迷いの現実でこそ無心が働いて輝くのさ。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2021/4/6, 4/20, 6/1, 6/15, 6/29, 7/6, 7/20, 8/3, 8/17, 8/31
曜日・時間
第1・3・5 火曜 13:00~15:00
回数
10回
受講料(税込)
会員 29,700円 
設備費(税込)
1,650円
持ち物など
テキスト:受付でお受け取りください。(無料)
その他
★今期より開始時刻が15分早まり、13:00ー15:00となります。
★5月はお休みです。

講師詳細

中野 東禅(ナカノ トウゼン)
曹洞宗総合研究センター講師、京都市龍宝寺前住職。ナムの会元総務。(日本臨床宗教師会顧問、日本生命倫理学会会員・死の臨床研究会会員)、(仏教系大学で生命倫理・死生学を担当)、著書に『死を生きた日々』『曹洞宗』『禅者山頭火』(以上四季社)、『すこやかな死を生きる』(雄山閣出版)、『生と死を学ぶ教室・・・別れの手紙』(佼成出版)、『道元百話』(東方出版)、『曹洞宗の常識』(朱鷺書房)、『あなただけの修証義』(小学館)『図解雑学・道元』(なつめ社)など。