四季折々の庭園の見方、楽しみ方

  • 修学院離宮
  • 重森千靑講師
  • 香雪園庭園
  • 重森 千靑(作庭家)
講師詳細

 日本は四季折々の変化がはっきりとしているため、庭園にもその季節ごとの楽しみ方、見方があります。そんな四季折々の美しい全国にある庭園を写真で紹介しながら、その魅力、美しさ、おすすめの庭園など、見るべきところを作庭家の視点でお話したいと思います。今回はの春の庭園の見方、楽しみ方、魅力について、いろいろな角度からお話したいと思います。 (講師記)
 

<参考書> 重森千靑著『日本の10大庭園』(祥伝社新書 本体820円+税)
※必須テキストではありません

この講座は終了しました
日程
2020/2/3
曜日・時間
月曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,960円
持ち物など
<参考書>
 重森千靑著『日本の10大庭園』(祥伝社新書 本体820円+税)※必須テキストではありません
その他
★教室を変更することがあります。各日掲示板でご確認ください。

講師詳細

重森 千靑(シゲモリ チサヲ)
当代庭園学の第一人者重森三玲を祖父に持ち、父も作庭家という家庭に育つ。日本庭園についての著述、講演、講師活動ならびに日本全国にて庭園の設計に携わる。1991年、ロンドンを中心にして開かれたジャパンフェスティバルの一環事業として<ロンドン京都庭園>の作庭派遣団の一員として、ロンドン市内のホーランドパークにて日本庭園の作庭に従事。現重森庭園設計研究室代表。京都工芸繊維大学非常勤講師。