100 movies 1000 questions 週末に英語で学ぶ映画とカルチャー

  • ピーター・ ローラフス(語学講師)
講師詳細

映画は、その国の言語、文化、社会のエッセンスがぎっしり詰まった学びの宝庫。映画について楽しくディスカッションしながら、英語とその背景を学ぶ上級クラスです。2014年より講師ピーター・ローラフスが率いる金曜の人気クラスが、今回土曜日にも新登場。講師の質問を話し合う中で、欧米の映画がそのアートを通して人生・社会・文化をどのように捉えているかを探ります。


An advanced English discussion class for movie fans who enjoy inquiring deeply into the art and craft of movies and the experience of watching. Since 2014, Peter Rolufs has led this class at Asahi Culture Center, covering more than 100 movies, leading a class discussion of ten questions for each movie, exploring universal themes of how movies in Western tradition try to capture life.

<今期のテーマ>Vacation:what are the possibilities when we don't have to work?
人生に与えられた特別な時間、それは休暇。人はその時、何をするのでしょう。最高の時間を過ごす人、最悪の結果に終わる人、人生の忘れられない記憶を刻む人。今回5作品では、この凝縮された時間のそれぞれのドラマを読み解きます。

※作品は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

10/17 ローマの休日/ Roman Holiday (1953) William Wyler
10/31 眺めのいい部屋/ A Room With A View (1985) James Ivory
11/21 孔雀夫人/ Dodsworth (1936) William Wyler
12/5     プールサイド・デイズ/The Way, Way Back(2013)Nat Faxon,
12/19 恋人までの距離/Before Sunrise (1995) Richard Linklater

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2020/10/17, 10/31, 11/21, 12/5, 12/19
曜日・時間
土曜 11:45~13:15
回数
5回
受講料(税込)
会員 17,600円 
設備費(税込)
825円
持ち物など
<テキスト>講師作成のQuestion Sheet を授業の1週間前を目安に配布します。
        あらかじめ指定の映画を観て、授業にご出席ください。
        毎回、取り上げる映画やカリキュラムはリーフレットをご覧ください。
        新規の方には、開講日の前に、初回に取り上げる映画に関する“Question Sheet"をお送り
        いたします。
        

講師詳細

ピーター・ ローラフス(ピーター ローラフス)
―Peter Louis Rolufs― ニューオルリンズ出身。ノースウェスタン州立大学スコラーズ・カレッジ(リベラル・アーツ専攻)を優等にて卒業。1990年より1993年まで、ドキュメンタリー作家・映画作家ジョナサン・エヴァン・マズローに師事。マズローの著書・フィルム、トルクメニスタンのカウボーイについての回想録「Sacred Horses(聖なる馬たち)」では映像編集を担当した。日本文化に強く惹かれ1996年より日本在住。現在、輸入業およびビジネス・コンサルタントとして独立。