「太極拳術十要」の理論と実践

  • 楊 進(内家拳研究会主幹)
講師詳細

『太極拳十要』とは、太極拳の姿勢と動作に関して、楊澄甫が語ったものです。
本講座ではこの理論をわかりやすく解説し、実践します。伝統楊式太極拳は、大きく柔らかい動作を特徴としており、経験・年齢を問わず、段階に合わせてご自分の進化を体感できますが、さらにこの講座を通して理解を深めることができます。
今回は「含胸抜背(ガンキョバツハイ)」です。

受付一時中止

注意事項

※4/26は休講になりました。
補講日は未定のため、日程が1/1になっています。
決まり次第、更新します。

日程
2021/1/1
曜日・時間
金曜 09:00~10:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円
持ち物など
講義中心の講座ですが、動きやすい服装でご参加ください。
(更衣室をご利用いただけます。)

その他
今回は「含胸抜背(ガンキョバツハイ)」です。

講師詳細

楊 進(ヨウ ススム)
1947年生まれ、北里大学大学院修士課程修了。幼少より王樹金老師より形意拳を学んだ後、李天驥老師に拝師し、太極拳・形意拳・八卦掌・武当剣などを習得。楊名時太極拳師範。太極学院学院長。