【オンライン受講】宮沢賢治の世界 「セロ弾きのゴーシュ」
  • 教室・オンライン同時開催

  • 小森 陽一(東京大学名誉教授)
講師詳細

 『セロ弾きのゴーシュ』は、宮沢賢治の生前未発表の童話の中でも、多くの読者を持つお話で、絵本も何種類か出版されています。「ゴーシュ」はフランス語で「下手くそな」を意味する言葉です。町の映画館で伴奏音楽を担当している楽団の、セロ奏者であるゴーシュが、「下手くそ」なので、猛練習をしていると、「三毛猫」やかっこうやたぬきの子やねずみの親子が訪れ、それぞれ独自の音楽教育をして、演奏会で成功するお話です。
 宮沢賢治の代表作の一つである本作を精読します。

※こちらはオンラインで受講される方のお申し込みページです。
 教室受講をご希望の方はこちら→https://www.asahiculture.jp/course/yokohama/5a42b8e8-695f-1732-1c54-61fce81440a9

<オンライン注意事項>
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Google Meet」を使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンでも配信を見ることができます。
・ブラウザはGoogle Chromeを推奨します。
・受講者のお名前や映像・音声がクラス内で共有されます。予めご了承ください。
・本講座はアーカイブ動画の配信はございません。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は yk9yokohama@asahiculture.com までお問合せください。
・Google Meetのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。
・キャンセルの場合はyk9yokohama@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました

注意事項

※こちらはオンラインで受講される方のお申し込みページです。
 教室受講をご希望の方はこちら→https://www.asahiculture.jp/course/5a42b8e8-695f-1732-1c54-61fce81440a9

・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Google Meet」を使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。
・ブラウザはGoogle Chromeを推奨します。
・受講者のお名前や映像・音声がクラス内で共有されます。予めご了承ください。
・本講座はアーカイブ動画の配信はございません。

日程
2022/4/16, 5/21, 6/18
曜日・時間
第3 土曜 13:00~14:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,910円 
設備費(税込)
495円
持ち物など
<テキスト>
『宮沢賢治全集 〈7〉銀河鉄道の夜・風の又三郎・セロ弾きのゴーシュほか』 (ちくま文庫) 税込1,100円
※各自ご用意ください。

講師詳細

小森 陽一(コモリ ヨウイチ)
1953年生まれ。北海道大学大学院文学研究科修了。成城大学文学部助教授、東京大学助教授・教授を経て現職。著書に『構造としての語り』(新曜社)、『読むための理論 文学・思想・批評』(世織書房)『知の技法』(共著・東京大学出版会)、『ことばの力・平和の力 近代日本文学と日本国憲法』(かもがわ出版)、『難民(思考のフロンティア)』(共著・岩波書店)。『戦後日本は戦争をしてきた』(共著・角川書店)、『理不尽社会に言葉の力を』『戦争への想像力』『生きさせる思想-記憶の解析・生存の肯定』(新日本出版社)、『天皇の玉音放送』(朝日新聞出版)、『漱石論 21世紀を生き延びるために』(岩波書店) 、『東アジア歴史認識論争のメタヒストリー』(共著・青弓社)、『壊れゆく世界と時代の課題』(共著・岩波書店)などがある。